建築フロア

ホーム > 商品情報 > 建築フロア > テニスコート 球技コート 校庭・園庭 マスターズコート(ロイヤル)VP/VP-S

テニスコート 球技コート 校庭・園庭

マスターズコート(ロイヤル)VP/VP-S

特長

  • 雨水を浸透させ大地に還元する透水構造。
  • 雨後の水切りの手間が軽減できます。
  • ゴムチップによる適度な弾力性があります。
  • ボールバウンドはATよりやや高めです。
  • 変退色や摩擦に強いウレタン樹脂をトップコートに採用し ゴムチップ層を保護した仕様です。

標準用途

  • 屋外テニスコート、球技コート、校庭・園庭の弾性舗装。
  • 公園の遊歩道、プレイロットの弾性舗装などに適します。
    *屋上施設にはAT-11mm厚以上(表面排水の大気圧バランス設計)
    室内コートにはAT-9mm厚以上を標準としています。

標準仕様(特許) 日本テニス協会推薦コート建設会社

品名・品番 マスターズコート〈ロイヤル〉VP
材質・構造 空隙式ゴムチップ・ウレタン複合積層(透水性)
表面仕上げ ウレタン樹脂塗料吹付け (増量による耐久仕様も可)
品番・厚み VP-8~15mm(耐久仕様VPS-8~15mm)
  テニスコート仕様はVP-8mm
  バスケットコート、学校グラウンドなど耐久性を必要とする仕様はVPS-8mm、13mm
表面カラー グリーン/レッド
排水 浸透排水
下地 開粒度アスコン(5mmトップ)
(注)設置場所、使用目的によるが水勾配 1/200を標準としています。

標準施工断面図

標準施工断面図 VP-8mm

下地についての注意事項

  • 砕石層、アスコン層の舗設厚は、AT仕様に準じます。
  • 透水構造ですが、下地の配水勾配1/200を標準としています。これは、化粧直し、ホコリなどによる透水性能低下を考慮したものです。
  • 下地の精度と管理はAT仕様と同じです。
    構造上、水溜まりができにくくなっていますが、不陸がコートラインの波打ちとなって現われますので、充分な施工管理が必要です。
  • 設置場所、使用条件にもよりますが、コンクリート下地は不適です。

 

お問合せ

TEL: 06-6121-4262

お問合せについて

〒541-0059 大阪市中央区博労町4-6-10 ハニービル6F
住友ゴム工業(株) ハイブリッド事業本部 インフラビジネスチーム 建築フロア

商品情報

ページトップへ