建築フロア

ホーム > 商品情報 > 建築フロア > マスターズコート(ロイヤル)AT/AS

テニスコート 球技コート 屋上運動施設 校庭・園庭

マスターズコート(ロイヤル)AT/AS

マスターズコート(ロイヤル)AT/AS

特長

  • 残存耐久性を発揮する複合積層の表面排水仕様。
  • ブリスター防止を図る大気圧バランス構造と端部工を採用。
  • 空隙式ゴムチップによる適度な弾力性。
  • 打ち返しやすいボール反応を生む独自の表面仕上げ。
  • ボールの動きやラインが見やすいノングレアサーフェス。
  • テニス重視のATのほか、スムース表面のASも用意。

標準用途

  • 屋外・屋内のテニスコート、球技コート、校庭・園庭の弾性舗装。
  • テニスコート仕様は、屋上コートにはAT- 11mm、屋内コートにはAT- 9mm以上が標準です。
  • スムース表面のAS仕様は、バレーコートや小中学校の屋上施設に適します。

標準仕様(特許)

品名・品番 マスターズコート〈ロイヤル〉AT. AS
材質・構造 空隙式ゴムチップ・ウレタン複合積層(非透水)
表面仕上げ AT…スライド&ストップ(シボ)・ノングレア
  AS…スムース・ノングレア
品番・厚み AT- 9mm、11mm、15mm
  AS- 8mm、15mm
表面カラー グリーン/レッド/モスグリーン/オリーブグリーン
排水 表面排水(勾配は下地で1/150~1/200)
下地 開粒度アスコン(5mmトップ)

標準施工断面図


下地についての注意事項

  • 砕石層などの舗設厚は、路床の支持力や凍上指数により変わります。
  • 開粒度アスコン層を2層仕上げとする場合は、次の通り。
    上層:厚30mm(開粒度アスコン・5mmトップ)
    下層:厚40mm(開粒度アスコン・13mmトップ)
  • 排水勾配は下地表面でとり、1/150~1/200を標準とし、次の順位で選びます。
    (1)横流れ片勾配 (2)縦流れ片勾配 (3)隅から対角へ片勾配
  • 下地表面の平坦精度は、3m定木の範囲において凹部4mm以上を基準とし、基準外は修正が必要。また、表面全域にわたり転圧ローラーなどの微かい段差のない仕上げが必要です。
  • 下地の舗装端部が縁石天端(舗装止めブロックなど)より低く打設されると排水性を損ないますので、ご注意ください。
  • 屋上コートなどコンクリート下地では、ゴムチップ層施工時に、脱気・水抜き工(エポキシ樹脂モルタル)及び目地の処理を施しますので、設計に際し必ずご相談ください。

お問合せ

TEL: 06-6121-4262

お問合せについて

〒541-0059 大阪市中央区博労町4-6-10 ハニービル6F
住友ゴム工業(株) ハイブリッド事業本部 インフラビジネスチーム 建築フロア

商品情報

ページトップへ